設立前に決めること

  • 管理人
  • 2018-03-06
  • 未分類
  • 設立前に決めること はコメントを受け付けていません。

会計事務所では会社設立代行サービスを行っており、実際に依頼する方も少なくありません。これら会社設立代行サービスを依頼する場合、依頼者側は次の事項を決めておく必要がありますので注意しておきましょう。なお、会社設立前に決める必要がある事項は次の通りです。

会社会社を設立する場合、まずはその会社名を決める必要があります。会社の名前は今後の営業などに大きく影響してきますので、しっかり検討して決めましょう。また、本店の所在地も必要です。営業を行う本店についても、事前に準備しておく必要があります。条件の良い物件は競争率が激しいので、会社設立を決めたら早めに物件探しをしてください。

事業目的については次の通りです。設立する会社がどのような事業を行うのか、前もって決めておきます。なお、事業目的については、登記簿に記載された以外の事業はできませんので注意してください。そして資本金額については、会社は、1円からでも設立は可能ですが、対外的な信用や、設立後の経営なども考慮して決定しましょう。

会社設立では出資者や役員の決定も大切です。出資する人や役員を決めてください。なお、会社の設立日の決定は人それぞれですが、大安の日を選ぶ人も多いです。そして決算月については、繁忙期や節税などを考慮して決めましょう。